空き家住宅の相続相談

空き家の住宅相続の手続き

空き家の住宅の相続について

空き家の相続をする際には、所得税や固定資産税などの支払いの必要がありますが、早期に住宅メーカーのスタッフからアドバイスを受けることがおすすめです。また、空き家の敷地面積の広さや築年数については、重要なポイントとして位置付けられることがあるため、多方面の専門家に相談を持ち掛けることによって、適切な対応をとることが可能となります。もしも、住宅の売却のタイミングにこだわりたいときには、プロのスタッフがそろっている不動産会社にサポートを依頼することによって、将来的に物件の処分をスムーズに行うことができます。

世帯総数の減少と空き家の増加

日本の住宅は、高度経済期の昭和33年には空き家率が2%と非常に低かったのですが、現在では13%、800万戸を大きく超えており、特別措置法が施行され増加に歯止めがかかると期待されています。しかし、根本的な原因や元凶とされる土地の都市計画税や固定資産税の減免措置は継続されているので大きな効果は期待出来ないとする考え方も存在し、2019年の5,307万世帯をピークとして日本の世帯総数が減少に転じるされ、2035年には4,935世帯まで減少すると共に単独世代が増える為、住宅の空き家が益々増加するとも考えられています。

↑PAGE TOP